乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

BCY Facebookページ BCY Twitter BCY Instagram

乳がんヨガ最新情報

お名前:ウィリアムズ仁美さん

「ついに来た・・・。」 私が自分で胸のしこりを発見した時に、心臓が凍りつきそうになりながら、まず最初に思ったこ とです。家族や親類に乳がん経験者がいるわけではないのですが、なぜだか自分はいつか乳がん になるのではという思いがいつも頭のどこかにあり、30代半ばから毎年検診を受けていました。 この日も自宅でテレビを見ながら何気なく自分の胸を触診していたその時、右の乳房にある小さ く硬いしこりが指に触れました。翌日すぐに病院に行きました。
検査の結果が出るまでの数日間は永遠に感じられ、「きっと乳がんに違いない・・・」という思 いと「いや、絶対に違う!」という思いが頭の中をグルグルし続け、本当に落ち着きませんでし た。そして検査結果を聞きに行った私に先生がおっしゃった言葉は「残念ながら・・・乳がんで した。」暗い闇にどんっ!と突き落とされたかのように感じたあの時の絶望感は、今でもはっき りと覚えています。
乳がんと診断されたその当時はたまたま私生活でも転機が訪れており、生活自体が大きく変わろ うとしている、そんな時でした。でも、とにかく治療が人生においての最重要課題となった以 上、私生活での計画や予定されていたものごとは全てストップ。「乳がん」という病気と向き合う 生活が始まったのです。
でも「がん」という言葉の響きが気持ちをぐいぐいとネガティブな方へ導いて行き、恐怖と混乱 で頭も心もいっぱいになってしまうのです。手術・治療をする病院も決めなければいけないし、 病気そのものについても勉強しなくてはならない、そして迷惑や心配をかけることになる周囲の 人へも知らせなければ、と、やるべきことが目の前に山積みだったのですがなかなか手につきま せん。ぶつけどころのない怒りや、してもしょうがない後悔の念などが体中にうずまき、ストレス の塊となりつつありました。
そんな時、私の助けになってくれたのはヨガでした。数年前からヨガはやっていましたが、乳が んと診断されてからはヨガをする気もなくし、しばらくお休みしていました。入院前のある時ふ と思い立って、久しぶりにヨガをしました。そうするとそれまでの混乱ぶりはどこへやら、なんだ か頭も体もすっきりとして落ち着いた自分に気がつきました。自分でもその変化は本当に不思議 だったのですが、それからは入院の当日まで毎日自宅でヨガをして過ごしました。入院中は持参 したヨガ関連の本を読み、心を落ち着かせました。退院後は、病院で指導された術後のリハビリ 体操に少しづつヨガ的な動きを加えてみたりして自宅で実践。だんだんと体が手術前の状態に 戻っていくのが楽しくもあり、またヨガをすることで自分の生命力のようなものがよみがえって くるような感じをおぼえました。
この体験以降、ヨガは私の生活の一部になりました。身体的な恩恵はもちろんのこと、ヨガから 精神的な落ち着きを得られることの素晴らしさを実感したからです。将来的な再発の恐怖もぬぐ いさることはできませんが、ヨガを続けて心身共に自分を強く持っていれば大丈夫、そんな気が しています。そして同じように乳がんを経験された方々にヨガの素晴らしさを知っていただき、少 しでも心と体を軽くするためのお手伝いをさせていただけたらと、そう願っています。

(注)本記事はBCYの前身であるルナワークスの乳がんヨガHP当時のものとなります。
2012年08月22日 | 体験者の声

乳がんヨガクラスの活動報告をレポートいただきました☆
http://ameblo.jp/moonspring/entry-11280228440.html?frm_src=thumb_module

(注)本記事はBCYの前身であるルナワークスの乳がんヨガHP当時のものとなります。
2012年06月19日 | 体験者の声

水戸のMitsu メディカルラボラトリーのMitsu 先生から嬉しいお便りが届きました。

メディカルヨガセラピーを始めてから 今年で2年目
メディカルヨガ(ヨガの処方箋)を教科書に 日々病気の方々と向き合っております
パニック障害や PTSD 線維筋痛症 乳がん 病名のつかない体調不良・・などなど
ココロやカラダの不調の為苦しんで藁をも掴む思いの方々が ほんとうにたくさんいらっしゃいます。
最近は若い乳がんの方の参加者が増えてきてサンガ(仲間)どうしの情報提供の場ができつつあります これは参加されたかたも 私も嬉しく思っております この輪が広がって 心細い思いで病気と闘っている方の 励みや癒しになってほしいと思っております。
先日こんな感想をいただきました 乳がん(トリプルネガティブ 抗がん剤治療中)の40代女性からです。
【思い切って日立からうかがってよかった!心からそう思えた素敵な時間でした!ありがとうございました! これまでもヨガに触れる機会は何度かありましたが続けたい!と思う程の気持ちには至りませんでした。でも今回Mitsu先生の出会いはちがうかも! 今の私にとって必要なものをたくさんもらえる気がしました。 セラピーの最後。リラックスして身体が白く再生するイメージングのとき。実は感動してタオルの下で涙が溢れていた私でした~ 現状に満足し感謝する…が苦手な私です。どうぞよろしくお願いしますm(__)m】

素敵な感想をいただいて 私も励まされた思いでした 最近はメディカルヨガセラピーを週2回に増やして 対応しております 病気で苦しみ八方ふさがりの思いの方に ヨガができることは本当にたくさんあると思います。

以上、メディカルラボラトリーのMitsu さんからのお便りをご紹介させていただきました!
http://mitsu-yoga.on.omisenomikata.jp/

Mitsuメディカルヨガラボラトリーでは心身の弱った方のためのメディカルヨガセラピーをおこなっておりまして座位や心身回復のアサナをメインとし、免疫力の上がる呼吸やマッサージを取り入れ、簡単なイメージ療法、前向きに生きるための精神的アドバイスをさせていただいています。

クライアントは
①がんの方、良性腫瘍の方2割
②うつなどの心のトラブルの方2割
③腰痛の方2割
④自己免疫疾患の方1割
⑤リラクゼーション目的の方3割
そのうち①の方がたはすべて乳がんに関わっております

みなさん 30代40代でお若く、子育て世代ですね
乳がん、良性腫瘍の方は本当に多いです

ホルモン療法をしている方はやはり更年期障害のような症状を訴えておりヨガをすることで気分転換ややる気の向上、うつ状態の緩和、患部周辺筋肉のリハビリ、冷え性の改善などに効果がみうけられます。

(注)本記事はBCYの前身であるルナワークスの乳がんヨガHP当時のものとなります。
2012年05月19日 | 体験者の声
BCYへのお問い合わせ