乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

BCY Facebookページ BCY Twitter BCY Instagram

BCYニュース

アドバンスド講座開催のお知らせ

BCY Institute Japanもこの春で5年目を迎えます。
乳がん患者さんに伝えるヨガを学びたい、という方々と 学びの場を持たせていただいたことは、私どもにとっても深い学びとなり、そしてインストラクターの方々のみならず、患者さんを元気にしたい、という想いを持たれている多職種の方々とのご縁をいただきました。

思いがけずのコロナ禍により、養成講座の大部分がオンライン化されました。
もちろん、顔を合わせ、手を触れ合って学び合うことに及ばないこともありますが、一方で私どもの目標であった、47都道府県で乳がんヨガを受けられる環境を構築することが可能になりました。海外からもご参加をいただきました。

そしてこのたび、乳がんヨガのアドバンスド講座を開講いたします。
一般的にボディワークの医療への介入はその具体的な方法がイメージできず、また教える場によって指導の質にばらつきがあることから、介入効果の信頼性を高めることができませんでした。
そこで、私たちはシチュエーション別にどのような狙いでどのようなポーズを行なっていくか、を整理しました。そしてそれらを決まり切ったプログラムではなく、患者さん一人一人の今日の体調に合わせ、最適化していく力を養っていくことをプログラムの主眼としました。

一方で、BCYの乳がんヨガは一方的に与えるヨガではなく、患者さんと対話し、自立支援を促し、人や社会とつながっていくためのヨガであるために、社会での役割について深く考察する時間も設けてあります。

乳がんヨガに興味を持った方が、学び続けることの楽しさを当講座を通じ感じてくださり、その想いが立場や職種を越え伝播していくことを願い、開講のご挨拶とさせていただきます。

BCY校長
岡部 朋子

2021年04月1日 |
BCYへのお問い合わせ