乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

インストラクター登録

指導者養成情報

インストラクター登録のご案内

BCY Institute Japan は、日本における乳がんヨガの学びの場を牽引するとともに、クラスの質と安全を提供することを目標として運営されています。当団体が主催する指導者養成講座は、日本の乳がん患者さんをとりまく状況の理解に基づき、日本の医療者の皆様からのご意見を参考にさせていただきながら、カリキュラムの充実を図っています。

指導者養成講座を修了された方は、当団体のインストラクターとして登録し、共に活動していただくことができます。

活動していく上では、乳がんヨガにおけるリスクと、現時点で分かっている臨床結果を十分熟知していただくことが重要です。

特にリスクにおいては、患者さまの心と体の安全に関わることから、発言、行動には注意が必要です。

当団体が定める規約に同意し、ルールを守り共に歩んでくださる方のご登録をお待ちいたしております。

会費
6,480円(税込)
※勉強会参加費1回分5,000円(税込)を含む
更新月
毎年4月
所属要件
  • 勉強会への積極的な参加
  • 当団体ならびに一般社団法人日本ヨガメディカル協会 安全・倫理規定を遵守
登録特典
  • 指導者名簿・開催クラスリストへの掲載
  • 希望者はbreastcancer-yoga.org のメールアドレス作成(無料)
  • BCYオリジナル名刺を発注可能(別料金:3,000円税・送料込)お申し込みはこちら

  • 希望者はウェブサイトにロゴ(バナー)を使用可能
  • 勉強会への参加
    • ヨガティーティングのスキルアップ講座
    • ヨガの症例別検討会
    • がんヨガシークエンスの作成、など
    • 医療知識(看護師・BEC資格保有インストラクター)
  • 入会した翌年からの会費は前払い制です。本会の会計年度は、4月1日~3月31日です。
  • 毎年2月のメールニュースにて翌年度の会費納入のご案内をいたします。
    2-3月の間にご自身でお支払いのお手続きをお願いいたします。
  • 年会費は支払日から1年間の会費ではなく、入会年度(支払年度)の会費になります。
    入会日が会計年度(1月1日~3月31日)の末時期の場合は、入会後すぐに次年度会費が請求されることになりますのでご了承ください。
  • 退会する場合は、退会年度までの会費を完納していることが条件となります。
  • 過去に会費未納のまま退会された場合は、未納分を納めた上で入会手続をおとりいただくことになります。
    名簿・クラスリストへの掲載、メールアドレス、ロゴ(バナー)を希望の方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

一般社団法人日本ヨガメディカル協会の倫理規定をよくお読みになりご理解の上、ご登録ください。

日本ヨガメディカル協会との
連携について

BCY Institute Japan は、一般社団法人日本ヨガメディカル協会(以下YMSJ)ならびに世界各国の乳がんヨガ指導者と協力・連携し、ヨガセラピストとしての乳がんヨガ指導者育成にも取り組んでまいります。

YMSJは、IAYT(International Association of Yoga Therapists)と協力関係にある、日本でヨガセラピストを育成する団体です。

当団体は、YMSJの認定プログラムである『スペシャライズドプログラム』に、乳がんヨガの講座プログラムを提供しています。

当団体の指導者養成講座の受講、ならびに継続教育は、YMSJの認定プログラムの主要単位とみなされ、認定ヨガセラピストの乳がんヨガスペシャライズドプログラム修了として、バッジを付与されます。

BCY Institute Japan は乳がんヨガの指導者専門の育成機関ですが、YMSJは、より広範なヨガセラピストとしての学びを深める場になっており、スペシャライズドプログラムには、乳がんのほか、医療者、心臓リハビリヨガ、などもあります。様々な分野での知識、技術の習得に意欲のある方は、YMSJへのご入会と認定プログラムの受講をお勧めいたします。(別途ご入会費が必要です)

YMSJの理念に賛同し、ご入会された方には、セラピストとしての倫理規定を記した手帳「クレド」が送られます。

BCYへのお問い合わせ