乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

乳がんヨガ最新情報

早いもので、まもなく新しい年がやってまいります。
皆様にとって2019年はどのような一年でしたでしょうか。
乳がんとヨガの可能性を信じてくださり、
そして必要な人に届けていく流れが今年もBCYのメンバーを始め、
多くの方々の努力でさらに豊かになりました。
ここにあらためて感謝を申し上げます。

来年度に向けて、乳がんとヨガにかかわる皆様と一緒に考えたいテーマがあります。
それは「ヨガの強みってなんだろう」ということです。

乳がんの方を支援する方法は増えてきています。
それに従事する人材も増えてきています。
でも、なぜ私たちは「ヨガ推し」なのでしょうか。

私自身、2019は臨床研究の領域で多くの指導をいただいた一年でした。
その中で突きつけられるのは、やはりヨガとは何か、
なぜヨガなのか、ということです。
ぜひ、皆様にもこれに対する答えを
一人一人持っていて欲しいと思っています。
帰りの新幹線で答えが出ずにあらためて
「なぜヨガなんだろう」と自問自答しました。
私なりに出した答えは次のようなものです。

ヨガは事実としてインドで生まれ、
その文化的背景にはマサラ(様々なスパイスの調合)があります。
インドに行っていつも思うのは、マサラの強みです。
カレーが体に良い、という臨床研究はありません。
でも、それぞれのスパイスにどんな薬効があるかは、
伝承医学のみならず解明されてきています。

それと同じように、ヨガの前屈が良いのか、呼吸法が良いのか、
内観がよいのか。全て良いのです。
だけど、どれもやりすぎは害になるかもしれません。

私たちは美味しいからと言って、カレーに唐辛子だけ入れません。
絶妙な調合が私たちを元気にする、
だけどその調合は、インドカレーとタイカレーで違い、
どちらが良いというものではありません。
また、上野のとあるレストランの調合がベストで、
他がダメ、というものでもありません。

それぞれの店が、家庭が、人を元気にする
それぞれのカレーを出せたら、喜んでくれるのではないか。
その時に、弱っている人に刺激的すぎる味は出しませんが、
元気が欲しい方には少しのカンフル剤があった方が良いかもしれません。

そんな調合ができるのが、ヨガ。
運動で気分が上がる、ストレッチでめぐりが良くなる、
休息で回復する、呼吸法で自律神経を整える、
などヨガは色々な可能性を秘めており、その調合です。

その一つ一つを安全に組み合わせる方法、
それは知識だけでできるものではありません。
BCYで学ぶみなさんは、乳がんの患者さんが
どうやったらその人らしさを取り戻していけるかを学んでいます。
そして、相手を見ながら心を込めて、
美味しいカレーを作れる方々なのではないでしょうか。

臨床研究では、一つのカレー推ししかできません。
でも先人たちの努力で、ヨガはがんのリハビリテーションガイドラインにおいて、
その良さを認めてもらっています。
そうであれば、私たちは自信を持って、
BCYの提供する乳がんヨガなら、信頼できる、効果がある、と
言っていただけるように ヨガを届け続けていくことが
社会における役割なのではないか、と思っています。

インドで生まれたヨガが、日本人を元気にしています。
そのことに感謝し、私たちは日本の方々に向けて志をもって
活動してまいりましょう。

2020年もひとりひとりが自分らしく活動できるBCYでありたいと思います。
BCYにかかわってくださる全てのステイクホルダーの方々に感謝申し上げます。

校長 岡部 朋子

2019年12月28日 | 関連情報

2019年10月13日快晴…

このコラムを依頼されたのは甚大な被害をもたらした
台風19号が過ぎた翌朝でした…

わたしが住む水戸市では那珂川が溢れ、多くの家屋が水没しています。
こんな時に私に何が書けるかしらと不安でざわつく心を鎮めるように
目を閉じ深呼吸をしてみました。

思い出されたのはヨガティーチャー養成講座の授業でよく使わせていただいている
ハーバード大学のロバートウォールディンガー博士の研究です。

“人生を幸せにする方法”
1938年に始まったこの研究では、当時ハーバード大学2年生の男子学生と
ボストンの極貧環境で育った少年たちを追跡調査しています。
調査開始時は724人いた被験者のうち、現在でも約60人が健在で調査に参加しています。
そのほとんどが90歳代です。開始時に聞き取り調査と健康診断を行い、
その後、1年おきに本人への質問票調査、本人や家族への聞き取り調査、
医療記録の確認、血液検査等を行ってきました。

4代目の研究責任者のロバートウォールディンガー博士によると、
人を幸福にし健康にするのはお金でも 地位でも名声でもなく
何よりも良い人間関係が重要であり、
その人間関係について大きな教訓が3つあることが明らかになりました。

それは、
(1)家族、友人、コミュニテイ等、周りとのつながりを持っている人は
そうでない人よりも幸せで健康で長生きする
(2)身近な人たちとの関係の質が重要である
(3)良い関係は脳も守る
というものです。

(3)は、いざという時に本当に頼れると感じている人と
80代までしっかりした関係を持ち続けている人は記憶がずっと明瞭で、
逆に、パートナーは全く頼れないと感じている人に
記憶障害が早期に出現したことから、結論付けられました。

私もこれまでに 約10年、たくさんの病気のかたと
ヨガセラピーを通して関わらせていただいていますが、
今までに お会いしたかたのなかにはステージ4の癌でも
とてもキラキラ幸せに毎日を過ごされているかたに出会ったことがあります。
そのかたは家族の大切さを再認識し、家族との時間をつくり
新しいコミュニティに 加わり、楽しもうとしていました。

逆にお身体はお元気でも、毎日悲観的にダークサイドしか
見えていない日々を送られているかたを知っています。
そのかたは前述の方とは 真逆で、過去の人間関係に憎悪を持ち
友人とは疎遠になり、家族とも疎遠になっています。

幸せを感じて生きることは、長さはどうであれ
そのかたにとっての人生の質を向上させることにも繋がります。
そして、それはどんな病のかたにも副作用のない良い薬となると感じています。

ロバートウォールディンガー博士は 講演でこのように言っています。
「テレビや PCの前にいる時間を人と過ごす時間に充ててください。
新鮮さを失った関係を活気づける為
何か新しい事をパートナーと始めたり、散歩したりデートしたり…
また、何年も話していない家族に 連絡を取るのも1つの方法です。」

折しも前例のないほどの酷い台風被害を受け
心がざわつき不安が広がる日本。
今こそ健康なかたも病気のかたも、大切な家族に感謝し
声をかけ、ハグできるならハグをしましょう。
隣人に優しさをむけ、手を差し伸べましょう。

どんな状況下でも、こんな近くに幸福になる方法はあるのです。

BCY講師
MYLヨガセラピー&スクール代表
横山 みつこ


<参考・引用元>
TEDトーク
「人生に幸福にするのは何?最も長期に渡る幸福の研究から」
https://www.ted.com/talks/robert_waldinger_what_makes_a_good_life_lessons_from_the_longest_study_on_happiness/up-next?language=ja

参考・一部引用先
Digital Cast
http://digitalcast.jp/v/23938/

幸せ経済社会研究所
https://www.ishes.org/happy_news/2016/hpy_id001984.html

2019年10月16日 | 関連情報

私は2012年に当時のLuna Works岡部朋子先生(初代BCY校長)の元で、
乳がんに罹患した姉の為に乳がんヨガを学びました。
そしてすぐに当時運営をしていたヨガスタジオで乳がん体験者向けのヨガクラスを始めました。

そんな中、2014年に私自身が乳がんに罹患。幸いにもクラスは続けられる状態でしたが、
当時の生徒さん達から励まされ、インストラクターという立場でしたが
逆に皆さんから沢山の元気をもらいました。
この時は部分切除だった為、動きにそれほど制限はなく乳がんヨガはリハビリとして
とても役に立つものだ、と実体験をもしました。
ヨガをしていたお陰か術後の経過も良く、
胸や腕周りの筋肉の回復も早かったような記憶があります。

そして2018年、2度目の乳がんの告知を受けました。
今回は両胸にがんが見つかり、姉も乳がんで遺伝性の疑いもあった為、
医師からは両胸の全摘と可能ならば同時再建を勧められました。

1度目の乳がんの告知の時はしっかりとしていましたが、
さすがに今回は頭が真っ白になり涙しか出ませんでした。
両胸を失うという喪失感、家族への想い、
これから待ち受けているだろう様々な試練・・・
ヨガをしていても人間ですから、そうした思考が頭の中を一気に占領し
暗い気持ちの日々が続きました。

実はその頃、私はBCYで指導者養成講座を担当させて頂いておりました。
まだ自分の状態をはっきりと言えない複雑な気持ちで養成講座の日を迎えました。
お集まりいただいた方はご自身が乳がんの体験者、ご家族が乳がんに罹られた方、
そして私と同じく乳がん体験者でヨガインストラクターの方もいらっしゃいました。
皆さん様々な思いで受講をして下さいましたが「乳がん体験者の為に何かしたい」
というお気持ちは皆同じでした。

そういったお気持ちを伺い、熱心に受講してくださる皆さんを拝見しながら私もまた
元気になって誰かのお役に立てる日がまた来ますように、と心の中で願いました。
ですが、両胸同時再建は前回の部分切除の時よりも体の制限と負担が多く、
ヨガを出来る日が戻ってくるまでには時間がかかりました。

エキスパンダー挿入後は最初の1ヶ月間は腕を高く上げないように、
うつ伏せや横向きで寝ること、胸に圧がかかることもしないように言われ、
動きたくても今までのように動けない憤りと、それに合わせて気持ちも
落ち込むばかりの状態が続き「もうヨガなんてしたくない」と
自暴自棄になる時もありました。

しかし、体に制限があると言っても全く動かさずにいることは勧められていません。
医師からは「自分の体は自分が一番分かるでしょうから、
無理のない範囲で身体の状態に合わせて動いてみてください。」とアドバイスされ、
その時に改めて乳がんヨガで学んできた「人がヨガに合わすのではなく、ヨガが人に合わす」
という言葉を思い出しました。

乳がんヨガは「その人に合ったヨガ」を教えるものでした。
それを思い出すまで、出来なくなったことばかりにフォーカスをし
「あれもできない、これも出来ない」と思い込んでいましたが、
もう一度乳がんヨガの教えを思い出し、自分の出来るヨガから少しずつ始めていくことにしました。
そうして、少しずつ心と体が回復してきました。

同時再建中のヨガは気を付けなければならないことも多いですが
(胸に圧をかけるような負担をかけない、うつ伏せ、横向きにならない等)
乳がんヨガは優しく体を動かすので安心です。
また、再建中は体を無意識にかばっていたりするので、
どうしても体が歪みやすくなります。
そんな時はやはり体の左右のバランスを整えてくれるヨガは
再建中にはとても適しているのではないかと感じました。

現在もまだエキスパンダーがまだ入っている状態ですが、
再建をされた方やこれからお考えの方はご存知かと思いますが
今年(2019年)7月にアラガン・ジャパン社のエキスパンダーと
インプラント回収についてのニュースがありました。
日本では保険が適用されるエキスパンダーやシリコンはアラガン社のものですので、
私のインプラントの手術は代替品が承認されるまで延期となりました。
正直、ニュースを知った時は心穏やかではありませんでしたし、
早く入れ替えたい!という気持ちでいっぱいでしたが、
これも「受け入れる」こととしてヨガの学びと捉えることにしました。
インプラントが出来るのはいつになるか分かりませんが、
これからもヨガで心と体のバランスを整えながら準備をしておこうと考えています。

乳がんヨガでは「受け入れることは否定しないこと」を学びます。
どんな状態でも受け入れてくれる場所がある、
それは再度患者の立場になった時に本当に必要なことだと痛感しました。

現在、全国に乳がんヨガを学んだ優秀な指導者が多く在籍しております。
必要とされる方のお近くにもクラスがあることを願っています。
詳しくはHP内の全国乳がんヨガ指導者名簿をご覧ください。

文責:BCY Institute Japan
川口 貴枝
乳がんヨガクラス Wellness

10月から【乳がんヨガ ウェルネス】始まります

2019年09月27日 | 体験者の声
1 3 4 5 6 7 21
BCYへのお問い合わせ