乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

乳がんヨガ最新情報

水戸の乳がんヨガクラス:Mitsu メディカルラボラトリー

水戸のMitsu メディカルラボラトリーのMitsu 先生から嬉しいお便りが届きました。

メディカルヨガセラピーを始めてから 今年で2年目
メディカルヨガ(ヨガの処方箋)を教科書に 日々病気の方々と向き合っております
パニック障害や PTSD 線維筋痛症 乳がん 病名のつかない体調不良・・などなど
ココロやカラダの不調の為苦しんで藁をも掴む思いの方々が ほんとうにたくさんいらっしゃいます。
最近は若い乳がんの方の参加者が増えてきてサンガ(仲間)どうしの情報提供の場ができつつあります これは参加されたかたも 私も嬉しく思っております この輪が広がって 心細い思いで病気と闘っている方の 励みや癒しになってほしいと思っております。
先日こんな感想をいただきました 乳がん(トリプルネガティブ 抗がん剤治療中)の40代女性からです。
【思い切って日立からうかがってよかった!心からそう思えた素敵な時間でした!ありがとうございました! これまでもヨガに触れる機会は何度かありましたが続けたい!と思う程の気持ちには至りませんでした。でも今回Mitsu先生の出会いはちがうかも! 今の私にとって必要なものをたくさんもらえる気がしました。 セラピーの最後。リラックスして身体が白く再生するイメージングのとき。実は感動してタオルの下で涙が溢れていた私でした~ 現状に満足し感謝する…が苦手な私です。どうぞよろしくお願いしますm(__)m】

素敵な感想をいただいて 私も励まされた思いでした 最近はメディカルヨガセラピーを週2回に増やして 対応しております 病気で苦しみ八方ふさがりの思いの方に ヨガができることは本当にたくさんあると思います。

以上、メディカルラボラトリーのMitsu さんからのお便りをご紹介させていただきました!
http://mitsu-yoga.on.omisenomikata.jp/

Mitsuメディカルヨガラボラトリーでは心身の弱った方のためのメディカルヨガセラピーをおこなっておりまして座位や心身回復のアサナをメインとし、免疫力の上がる呼吸やマッサージを取り入れ、簡単なイメージ療法、前向きに生きるための精神的アドバイスをさせていただいています。

クライアントは
①がんの方、良性腫瘍の方2割
②うつなどの心のトラブルの方2割
③腰痛の方2割
④自己免疫疾患の方1割
⑤リラクゼーション目的の方3割
そのうち①の方がたはすべて乳がんに関わっております

みなさん 30代40代でお若く、子育て世代ですね
乳がん、良性腫瘍の方は本当に多いです

ホルモン療法をしている方はやはり更年期障害のような症状を訴えておりヨガをすることで気分転換ややる気の向上、うつ状態の緩和、患部周辺筋肉のリハビリ、冷え性の改善などに効果がみうけられます。

(注)本記事はBCYの前身であるルナワークスの乳がんヨガHP当時のものとなります。
2012年05月19日 | 体験者の声
BCYへのお問い合わせ