乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

乳がんヨガ最新情報

BCY初 オンライン乳がんヨガ指導者養成講座を開催しました(大阪)

5月24日、BCYとしては初めて、オンラインで乳がんヨガ指導者養成講座を開催しました。
13名の参加者とは、Zoomの練習を兼ねて当日までにお顔を合わせることができましたので、安心して当日を迎えることができました。
また、当日機材の不具合で音声が聞こえない方がいらっしゃいましたが、BCYのメンバーのサポートもあり、開始時間には全員が問題なく揃うことができました。

私が乳がんヨガをお伝えする時に大切にしていることの一つは、乳がんヨガを学ぶ方自身も、ご自身を大切にし、ご自身がお持ちの力を発揮していただくことです。
オンラインでの講座でどこまでお伝えできるかどうか挑戦ではありましたが、ご自身の環境を快適に整えること、呼吸法、数々のポーズ、ヨガセラピーとは何かを学び、そして参加者同士が協力して「乳がんヨガのミニクラスを作る」というグループワークを成し遂げたことで、オンラインでも問題なくお伝えできるのだと実感しました。

乳がんヨガをお伝えする現場が、今後はオンラインという形もあるでしょう。
オンラインでの養成講座を通じて乳がんヨガを学ぶという経験は、オンラインを通じていかに伝えるかの練習にもつながっていくと感じました。

ご感想をいくつかご紹介します。

「講座の中で、実際にミニクラスを作り、皆さんの前でお伝えする練習ができたことは大きな自信となりました」

「1日すごく楽しかったです」

「勇気をもって一歩踏み出してみます」

「とても分かりやすくそしてリラックスしながらあっという間の時間でした。自分のペースで乳がんヨガ活動をしていきたいと思います」

「今日は貴重な経験をありがとうございました。温かい時間でした」

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました!

BCY 秦絵理子

2020年05月28日 | 活動報告
BCYへのお問い合わせ