乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

乳がんヨガ最新情報

2019年度ご挨拶

いつもBCYの活動にご参加、ご賛同をいただき、誠にありがとうございます。
お陰様で、BCYは設立1周年を迎えることとなりました。

この1年の間にも、ヨガインストラクターのみならず、医療関係者や乳がん患者様など多くの皆様に養成講座や勉強会にご参加いただき、医療現場から身近なところまで乳がんヨガへのニーズの高まりを感じている次第です。

一方で、「乳がんになるとヨガはできないのではないか」という不安の声もまだまだ聞かれ、主治医に運動をすすめられても、ヨガはなかなか選択肢に上がらないという現状があります。

このような状況を受けて、私どもBCY運営メンバー一同、尚一層、乳がんヨガの普及と講師の育成・サポートに尽力するため気持ちを新たにしております。

2019年度BCYは、乳がんヨガ講師養成講座のますますの充実と、ネット配信による勉強会の開催など、活動内容を深めてまいります。それにより、各地の乳がんヨガクラスの開催のサポート、継続した学びの場の提供を強化してまいります。

乳がんヨガが「安全で安心してできる」ヨガとなり、「乳がん患者さまのサポート役」でいられる様、一層力強く歩みを進めていく所存です。

2020年には47都道府県での乳がんヨガクラスの開催を目指します。

乳がん患者さまの、よりよい環境作りのために、引き続き皆様のご参加とご協力を賜り、今後とも共に歩みを進めていただけますようよろしくお願い申し上げます。

BCYリーダー 秦絵理子

2019年04月2日 | 活動報告
BCYへのお問い合わせ