乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

乳がんヨガ最新情報

同時再建の心と体とヨガ ~乳がん体験者と指導者の立場から~

私は2012年に当時のLuna Works岡部朋子先生(初代BCY校長)の元で、
乳がんに罹患した姉の為に乳がんヨガを学びました。
そしてすぐに当時運営をしていたヨガスタジオで乳がん体験者向けのヨガクラスを始めました。

そんな中、2014年に私自身が乳がんに罹患。幸いにもクラスは続けられる状態でしたが、
当時の生徒さん達から励まされ、インストラクターという立場でしたが
逆に皆さんから沢山の元気をもらいました。
この時は部分切除だった為、動きにそれほど制限はなく乳がんヨガはリハビリとして
とても役に立つものだ、と実体験をもしました。
ヨガをしていたお陰か術後の経過も良く、
胸や腕周りの筋肉の回復も早かったような記憶があります。

そして2018年、2度目の乳がんの告知を受けました。
今回は両胸にがんが見つかり、姉も乳がんで遺伝性の疑いもあった為、
医師からは両胸の全摘と可能ならば同時再建を勧められました。

1度目の乳がんの告知の時はしっかりとしていましたが、
さすがに今回は頭が真っ白になり涙しか出ませんでした。
両胸を失うという喪失感、家族への想い、
これから待ち受けているだろう様々な試練・・・
ヨガをしていても人間ですから、そうした思考が頭の中を一気に占領し
暗い気持ちの日々が続きました。

実はその頃、私はBCYで指導者養成講座を担当させて頂いておりました。
まだ自分の状態をはっきりと言えない複雑な気持ちで養成講座の日を迎えました。
お集まりいただいた方はご自身が乳がんの体験者、ご家族が乳がんに罹られた方、
そして私と同じく乳がん体験者でヨガインストラクターの方もいらっしゃいました。
皆さん様々な思いで受講をして下さいましたが「乳がん体験者の為に何かしたい」
というお気持ちは皆同じでした。

そういったお気持ちを伺い、熱心に受講してくださる皆さんを拝見しながら私もまた
元気になって誰かのお役に立てる日がまた来ますように、と心の中で願いました。
ですが、両胸同時再建は前回の部分切除の時よりも体の制限と負担が多く、
ヨガを出来る日が戻ってくるまでには時間がかかりました。

エキスパンダー挿入後は最初の1ヶ月間は腕を高く上げないように、
うつ伏せや横向きで寝ること、胸に圧がかかることもしないように言われ、
動きたくても今までのように動けない憤りと、それに合わせて気持ちも
落ち込むばかりの状態が続き「もうヨガなんてしたくない」と
自暴自棄になる時もありました。

しかし、体に制限があると言っても全く動かさずにいることは勧められていません。
医師からは「自分の体は自分が一番分かるでしょうから、
無理のない範囲で身体の状態に合わせて動いてみてください。」とアドバイスされ、
その時に改めて乳がんヨガで学んできた「人がヨガに合わすのではなく、ヨガが人に合わす」
という言葉を思い出しました。

乳がんヨガは「その人に合ったヨガ」を教えるものでした。
それを思い出すまで、出来なくなったことばかりにフォーカスをし
「あれもできない、これも出来ない」と思い込んでいましたが、
もう一度乳がんヨガの教えを思い出し、自分の出来るヨガから少しずつ始めていくことにしました。
そうして、少しずつ心と体が回復してきました。

同時再建中のヨガは気を付けなければならないことも多いですが
(胸に圧をかけるような負担をかけない、うつ伏せ、横向きにならない等)
乳がんヨガは優しく体を動かすので安心です。
また、再建中は体を無意識にかばっていたりするので、
どうしても体が歪みやすくなります。
そんな時はやはり体の左右のバランスを整えてくれるヨガは
再建中にはとても適しているのではないかと感じました。

現在もまだエキスパンダーがまだ入っている状態ですが、
再建をされた方やこれからお考えの方はご存知かと思いますが
今年(2019年)7月にアラガン・ジャパン社のエキスパンダーと
インプラント回収についてのニュースがありました。
日本では保険が適用されるエキスパンダーやシリコンはアラガン社のものですので、
私のインプラントの手術は代替品が承認されるまで延期となりました。
正直、ニュースを知った時は心穏やかではありませんでしたし、
早く入れ替えたい!という気持ちでいっぱいでしたが、
これも「受け入れる」こととしてヨガの学びと捉えることにしました。
インプラントが出来るのはいつになるか分かりませんが、
これからもヨガで心と体のバランスを整えながら準備をしておこうと考えています。

乳がんヨガでは「受け入れることは否定しないこと」を学びます。
どんな状態でも受け入れてくれる場所がある、
それは再度患者の立場になった時に本当に必要なことだと痛感しました。

現在、全国に乳がんヨガを学んだ優秀な指導者が多く在籍しております。
必要とされる方のお近くにもクラスがあることを願っています。
詳しくはHP内の全国乳がんヨガ指導者名簿をご覧ください。

文責:BCY Institute Japan
川口 貴枝
乳がんヨガクラス Wellness

10月から【乳がんヨガ ウェルネス】始まります

2019年09月27日 | 体験者の声
BCYへのお問い合わせ