乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

運営メンバー紹介

BCYについて

北海道
清水 八恵Yae Shimizu
勉強会担当

がん治療後の心身の不調からヨガと出会い、
2011年~「がんの方のためのヨガ」の活動を病院やヨガスタジオで行っています。

その経験と日々、ヨガを実践・学び続けながら、
その叡智を通して患者さんと寄り添えたら・・・と思います。

宮城県
櫻井 祐子Yuko Sakurai
デザイン担当

普段の生活の中にヨガは存在しています。

マットの上でポーズをするのだけがヨガではありません。

深い呼吸や穏やかな心、丁寧な生活の積み重ねがあなたの土台となります。

難しいことは考えず、さあ深呼吸してみましょう!

マットがなくても大丈夫!難しいポーズをしなくても大丈夫!

誰かと比べる必要のない、あなただけのヨガを私たちと探していきましょう。

茨城県
横山 みつこMitsuko Yokoyama
広報担当

2010年より、がん うつ 不妊 原因不明の体調不良のかた向けの
ヨガセラピー普及活動を始めました。

現在では年間のべ7000人とヨガセラピーを行なっています。

茨城県を中心に北関東で活動しています。

私は”不安や恐怖の中にいる誰かに寄り添いたい”想いで
ヨガセラピーを行なってきました。

そしてヨガセラピーが誰でも気軽に安心安全に参加できる
環境作りを目指してきました。

これからも国内外での学びを続け
日本でのヨガセラピーの品質向上に役立てていきたいと思っております。

茨城県
岡部 朋子Tomoko Okabe
初代校長

「統合補完医療」としてのヨガの普及を目指し、
高齢者や医療、介護の現場で働く方々、身体障害者の方など、
これまでヨガは困難と思われていた方々に向け、
安全でわかりやすいヨガを提供できる社会の実現に向け取り組んでいます。

メディカルヨガ、という言葉への期待は大きいかもしれませんが
ヨガができることは、とてもシンプルです。

それは「今という時間・自らを大切にする」ことを通じ、
心と体が楽になることに気づくプロセスです。

自分を赦し、ねぎらい、自分とともにいる時間。そんなヨガの時間があることを、
初めての人にも知っていただくきっかけになればと思います。

埼玉県
北氏 美奈子Minako Kitauji
会計担当

私も乳がんを体験してヨガに出会いました。

ヨガは優しく全てを受け入れてくれました。

今までの人生を肯定して病気さえも必要だったんだと気付かせてくれました。

ヨガが必要な方にお届けできる様、学んでいきたいと思います。

埼玉県
上里 美由紀Miyuki Uwasato
会計管理担当

講師も参加者も、女性特有のがん体験者のみで、
年齢も様々なので、安心してご参加ください。

ヨガを通して心と体を開放し、不安や悩みを共有したり、
自分と向き合い、自分を癒す時間を作ってほしいと思います。

埼玉県
小山 紀枝Norie Koyama
デザイン担当

治療に生活に頑張っている自分に気づいて、ヨガで癒してあげましょう。

自分のためだけの時間を作って自分と向き合い、深い呼吸と共に体を動かしていくと、
体だけでなく心もすっきりしていることに気がつくかもしれません。

健やかで楽しい時間をご一緒に。

埼玉県
高橋 かおるKaoru Takahashi
サブリーダー

乳がん患者さんが一般ヨガクラスへ行くと
腕の制限や負荷、稼働域など、どの程度を動かしたら良いのかが分からず
不安を抱えながら参加する方も少なくありません。

乳がんヨガクラスでは知識あるインストラクターが
指導にあたりますので安心して参加することができます。

しかし、乳がんヨガが認知され始めているものの
乳がんヨガを開催しているクラスがとても少ないのが現状です。

各地域で乳がん患者さんが安心してヨガクラスへ通えるように
安全なヨガクラスを全国に普及し、
患者に寄り添える知識ある優秀なインストラクターを
育成していけるように努めて参ります。

東京都
川口 貴枝Takae Kawaguchi
リーダー

乳がんを経験された方向けにヨガをセラピーとして取り入れられるように、
そして安全に出来るように、私自身も乳がん経験者として、
皆さんのお気持ちにひとり、ひとり寄り添いながらヨガをお伝えしております。 

愛知県
山口 明代Akiyo Yamaguchi
会計管理・勉強会担当

2005年からヨガのある生活をしています。

その後乳がんを経験して、その治療中は家族の支えはもちろんですが、
ヨガをする事で、弱った心や体を回復させることができました。

ヨガには何か神秘的なパワーがあるのではないかと思っています。

どのような形でもいいですが、ヨガに出会った人が、
ヨガをしたいと思ってくれたらどんなにいいか。

私自身、温かさや優しさを胸に、ヨガの良さを伝える人でありたいと思っています。

大阪府
秦 絵理子Eriko Hata
書類作成担当

乳がん患者さんが、前向きに治療に取り組み、より快適な日常生活を送るために、
ヨガでサポートできることがあります。

どこにいても、誰でも、必要としている人が
乳がんヨガを経験できるよう、活動してまいります。

広島県
松本 久美子Kumiko Matsumoto
マニュアル担当

「どんな時でも、今をよりよく生きる」
ヨガを通して「今」を感じ、自分らしく生きるサポートをさせていただきます。

福岡県
太田 りかRika Oota
広報担当

福岡県宗像市を拠点に、福岡県内外にて乳がん・がん経験者向けヨガ、
健康UPいきいきヨガ、グループレッスン、プライベートレッスン、
病院様向けヨガを行っています。

健康な方も、ご病気を経験された方も、
安心・安全・快適なヨガを通して「今ここ」を感じていただけますように
ひと呼吸、ひと呼吸、心軽やかになりますように
そして最高の自分で生きられますように
出逢った皆様が幸せでありますように
一人ひとりが考える「生きる」を尊重し応援します。

佐賀県
峰 なおこNaoko Mine
医療監修担当

NPO法人 キャンサーネットジャパン認定 乳がん体験者コーディネーターとして活動しています。

私とメディカルヨガ(乳がんリハビリヨガ)との出会いは毎年開催される『With You 九州~あなたとブレストケアを考える~』でした。

2009年37歳で乳がんに罹患し治療しました。子供もまだ小学生だった為に今後の不安で心が壊れそうでした。

罹患し毎年、With You 九州に参加して『乳がん』について学び、年齢に関係なく、呼吸さえできれば乳がんリハビリヨガはできるという事、自分分のペースで身体を動かし深い呼吸で感情のコントロールまでできる事を実際、その時に目にしました。

乳腺クリニック勤務歴を活かし、乳がん罹患者の方の精神的なフォローまでしていきたいと考えています。

鹿児島県
小田 佳子Keiko Oda
医療監修・会計担当

宮崎市内で月1回、乳がんヨガを開催しています。

乳がんヨガを通して、心と身体がより良い状態へ向かうよう、お一人お一人に寄り添い、治療や人生に前向きに取り組めるようお手伝いしていきます。

(注)担当は2018年4月時点のもので、変更になる可能性があります。
BCYへのお問い合わせ