乳がんヨガ指導者養成&患者さまへのヨガ環境整備

オンライン講座

指導者養成情報
8/21ZOOMライブ勉強会「乳がん患者さんがリラックスできるリストラティブヨガポーズとその工夫」岡部 朋子 先生
「同じ時間ならリラックスをしているほうがいいですね」と岡部先生は言います。

2020年は、乳がんという辛い経験に加え、今までにない生活様式が求められる時代となりました。
そのため、どこか緊張し、力が抜けない・・・などの症状がでてしまう方もいらっしゃると思います。

今回の講座では、
家にある身近な道具を利用して乳がん患者さんに真からリラックスを味わってもらう工夫を提案していきます。

オンラインクラス向けに、リストラティブヨガを活用されたいヨガインストラクターや
お家にあるもので、究極のリラクゼーションヨガで、休息したい乳がん患者さんやご家族や医療者のみなさまなど
幅広くご参加できる講座です。

また、乳がん患者さんだけではなくマタニティ、シニアさんなどにも応用できる内容となっています。

今回初の生配信となります。
ぜひ、BCY校長の岡部朋子先生と画面越しに繋がる機会をご体験ください!!!

◉日時 2020年8月21日(金)9:00-10:30(10:30-質疑応答)
◉料金 4.400円(税込)
◉対象者 乳がん患者様、ご家族、ヨガインストラクター、医療者のみなさまなど全て対象
◉定員 50名
◉カメラOFFでリラックスしながらの参加も可
◉参加の仕方 クービックでお申込み(事前決済)後、予約受付メールが自動配信となります。講座前日までに、受付番号とZoomのIDとパスワードをお送りいたします。
お申込みは以下【ご購入はこちらから】からお願いいたします。

担当講師

BCY INSTITUTE JAPAN校長
一般社団法人日本ヨガメディカル協会 代表理事
International Association Yoga Therapists 国際会員 認定ヨガセラピスト C-IAYT
全米ヨガアライアンス認定インストラクターE-RYT500(指導者養成上級認定講師 500時間)
Relax and Renew 認定Advanced(上級)指導者

先生からのコメント

リストラティブヨガのポーズはとてもリラックスできるものが多いですが、乳がん患者さんにとっては、
胸が当たって痛かったり、触れるところが気になったりするものです。
その点をしっかり工夫して、今という時間に溶け込めるポーズ作りをお手伝いするポイントを解説します。ボルスターなどは使わず、家にあるものを使いますので、ぜひ一緒にやってみましょう。

⑴ビパリタカラニ
ブランケット数枚、枕2-3個、タオル数枚、椅子(あれば)

⑵緩やかなひねりのポーズ
ブランケット数枚、タオル数枚
料金 4.000円(税別)

※クリックしてもまだ購入確定にはなりません

その他の講座一覧
BCYへのお問い合わせ